評判とブライダルエステ
ホーム > 現金化 > クレジットカードのショッピング枠現金化のメリットとデメリットとは

クレジットカードのショッピング枠現金化のメリットとデメリットとは

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠というものがあります。
カードのグレードによって異なりますが、ごく一般的なクレジットカードの場合は、ショッピング用とキャッシング用とで、それぞれ30万円と10万円程度の枠があります。
このショッピング枠は、特定の業者に依頼すれば現金化が可能です。
といっても、その枠をそっくりそのままお金に換えるというわけではありません。
まずその枠で、業者が扱う品物を購入し、それをその業者が換金するという仕組みです。
その時いくらか手数料を取られ、残った額がそのまま自分の分になるというわけです。
ぱっと見かなり便利そうなのですが、結局自分のカードを使って品物を購入し、それを換金するわけですから、品物を購入した分の代金は、カード会社に返済しなければなりません。
ですから、何らかの理由があって、一時的にお金が必要な場合には便利なシステムですが、あとでその分を返済することを思えば、あまりお勧めできるものではありません。
確かにこの現金化は、金融会社からお金を借りるのとは違って、審査もありませんし、即日でお金を受け取ることができます。
また手続きも簡単ですし、業者のもとへ直接赴かなくても、自宅にいながらにして利用することができます。
ただその反面、現金化を利用した詐欺に遭いやすいというリスクもあり、また、もしこれがクレジットカード会社に発覚した場合は、カードを使えなくなってしまうこともあります。

騙されないためには良い口コミサイトを参考に:評判の高いビックギフト